Top
還暦祝い。



今日はしとしとと静かな雨で、外に出れば もわわん とぬるい空気。

いやあ、そこいらのお花はまだほとんど開かないが、春だのう。

私は毎日、畑のすみのクロッカスが増えたかどうか(黄色のほかに紫も出てきたよ)、

庭の奥の水仙や、裏の梅が咲いたか・・・ などなど、せっせとチェックしとります。





さて、そんな今日この頃でありますが

先週末は、二ヶ月ぶりに 私の実家へ。

b0319255_21111083.jpg

母の 還暦祝いの宴が催されたのであります。



この日のために、今月初旬から父、兄、弟より “サプライズ” の打ち合わせメールが次々と。

いやあ、男衆はマメだや~。(一人ぼんやりとしている長女)

父は地元のお店での会席料理を予約してくれて、

更に、母に内緒で 隣町に住む母方の祖父母を呼ぼう と計画。

兄は、名前や日付入りの記念品を用意してくれて、

弟からは 「みんなでお母さんにメッセージを書いて、それをボードに貼って渡そう!」 という提案が。

そのボードについては、更に兄からも提案があって

「お父さんの還暦祝いの時はそういうのやらんかったで、二人へ向けてのメッセージって感じにしない?」 と。

あ~、なるほど!それはよいかも。ということで兄弟三人、それぞれの家族にも協力してもらって、準備。

私も飯島町のお米や野菜、ケーキ、あとは母の好きそうな花を鉢植えで購入。

そうそう、兄とプレゼントの打ち合わせをしていた時に、ふと思い出したのですよ。

小学校低学年くらいの頃、母の誕生日プレゼントといえば

兄と一緒に近所のお花屋さんへ行って、ひとつ100円くらいの花の苗を買っていたっけなぁ。

花束も華やかでいいけど、鉢植えなら庭に植えてずっと楽しめるし。ねぇ。






久々に家族全員が揃い、11人のにぎやかな宴。

その最後に、こっそり車へ戻り、プレゼントを持ち出して、サプラーイズ。

母、とてもびっくり&喜んでくれて、私たちも大満足。






しかし

それ以上にサプライズだったのは






初めて見る祖母(80代後半)のカツラ姿。(しかもズレている)






宴のしょっぱなからもってかれたー!!

母以外の全員は、祖父母も来るのがわかっていたので

「なんだあの頭は!!??」 で済んだけど(いやそれだってかなりびっくりしたけどさ)、

母にいたっては

あれ?この人らなんでいるよ?そしてバアバの頭どうしたよ!?

と、かなりの衝撃だったようで、祖父母と別れて帰宅してからも

「あたしゃ最後まで何が何だか・・・ バアバの頭を見ながら“この人は一体何なんだろう”って思ってたよ」 とこぼす始末。






・・・まあ・・・祖母もおしゃれしてきてくれたんだろう・・・そういうことだろう・・・。ハハハ






b0319255_2111125.jpg

実家の庭で可愛らしく咲いていた、ボケの花。

さあ、イベントが無事終わってひと安心だわ。

あとは一生懸命、開店準備だわ。





b0319255_21111474.jpg

・・・でも、今週末もまた、別の用事のために浜松・湖西へ遠征なのだわ。

ついでに一足早くお花見をしたい気分だけど、がまんがまーん。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2014-03-26 22:07 | 日常
<< 松本へ。 | ページトップ | いただきもの。 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin