Top
切り開く。



仕事の合間、ふと椅子に座り

あ、そういえばこの本読んでなかったな、と

宮沢章夫さんの「彼岸からの言葉」を開く。

彼岸のゾーンのくだりで、早速、吹き出す。

気まずい空気を何とかしようとして、とんでもない言葉が口から飛び出す。

あるある。ある・・・・・・






さて、昨日の話でありますが。

ひねもすの隣の空き地、ここは以前畑だったらしいのだけど

もう何年も使われていなかったのか、草ぼうぼうの荒れ放題。

以前から「もし畑とかやるようだったら、どうぞ」と大家さんが言って下さっていたのだけど

先日大家さんに会う機会があったので、「じゃあお言葉に甘えて本当に使わせてもらってもよいですか」

と、念のため再確認。

そして快くOKして下さったので、では、早速・・・・・・・

といっても、畑仕事やガーデニングに疎い私たち、さて何からしたらよいのか。

そこで力を貸してくれることになったのが、近くに住むお友達夫婦。

普段から畑をやっている方だから、農作業スタイルで颯爽と現れ、そして・・・・・・・



b0319255_20314350.jpg

本当に、あっという間に・・・・・

b0319255_20314927.jpg

家の隣でヤブ漕ぎレベルだった空き地に、ぐる~りと小道を作ってくれました!!

感 激 (・´з`・)



b0319255_20315255.jpg

おかげで、お花がたくさん咲いているところにも入っていけるようになりましたよ。

↑この花、先日「シャジンかな?」と思ってみていたのだけど、お隣さんちの石垣の真下に

たくさん咲いていたから、種が飛んできたのかなぁ。園芸種?

何にしても、いい色。可愛らしい。



b0319255_20315782.jpg

あと、私たちが越してきた頃にはすでに根本からぽっきり折れていた椿・・・。

折れた状態でも花が咲いていたのだけど、見た目がかわいそうだから、と、オットが起こしてくれたのですよね。

でも、それがよくなかったのか、しばらくしてから葉が枯れてきてしまって・・・・・

もうダメか、申し訳ないけど切り倒して薪にさせてもらおうか・・・・・・ なんて話していたのだけど、

つい先日、ふと見たら・・・ つやつやの、新しい葉っぱが出てきてる!!

わー、すごい、自然はやはり強かった!!

でも枯れた葉をまだそのままにしちゃってるから、早いとこ綺麗にしてあげにゃかんね。




そんな、草むらの中であーだこーだ言っている私たちの近くでは

b0319255_2032115.jpg

シロ子が・・・・・・。

(ご近所さんちの猫さんで、本名は「サクラ」ちゃんというらしい。でもついついシロ子と呼んでしまう。)

うさぎみたいで、可愛い子なのです。ふふ。









・・・・・・さあ、最後になってスミマセン。蕎麦のことでお知らせです。

b0319255_2032484.jpg


当店で人気の「十割蕎麦二種盛り」。

名前の通り、二種類の蕎麦を半人前ずつ召し上がって頂くものなのですが(大盛りもできますよ)、

一種類は、固定で「地元飯島町田切産」の蕎麦。

そしてもう一種類は、今日から「福島県猪苗代産の在来種」をお出ししています。

実はオットの叔母夫婦が猪苗代で宿をやっていて、今回その関係で丸抜きを送って頂いたのでした。

風味が強く、野性味のある蕎麦でとても美味ですよ。

今日からしばらくはこの蕎麦をお出しするかと思いますので、ぜひ一度お試し下さいまし。

また、他の蕎麦に切り替わるときはお知らせしますね。





ではでは、また明日もよろしくお願いします。。。。。

おやすみなさいまし。









[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2014-06-18 20:56 | 日常
<< 本を読む夜。 | ページトップ | シソジュース。 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin