Top
ウワミズザクラ。




b0319255_113510100.jpg

待ちわびた、“安定した天気”。

庭木の新芽も順調に、にょきにょきと。



b0319255_11351452.jpg

満開の花桃も、お日さまの下でより鮮やかに。



b0319255_11352974.jpg

そうそう、裏の畑(空き地)にも、花桃の木があるのですよね。

その隣には、椿。



b0319255_11352689.jpg

そして足元には、やはりここでもムスカリ。






更にその近くには・・・・・・

昨年も書いたとは思うけど、改めて。

うちの裏には、ちょっと珍しい桜があるのです。

b0319255_11351967.jpg

「ウワミズザクラ」 です。

昨年、どこからどう見ても桜なのに、花が咲く前に葉っぱがたくさん出てきたから、

こりゃなんだろう?? と思って、調べたのですよ。


b0319255_11353254.jpg

どうやら、葉っぱのあとに、花が咲く品種のようで。


b0319255_11353567.jpg

その花も、じきに咲きそうです。

・・・というか、もう、咲いてるかも。

スイマセン、実は上の写真、何日か前に撮ったものなんですよ~。

ブログにupしそびれてて。また、あとで点検してこよ。





【ウワミズザクラ(上溝桜)】

別名:ハハカ(古名)、コンゴウザクラ、アンニンゴ

分類:バラ科サクラ属 (落葉高木)

原産・分布:北海道、本州、四国、九州、中国中部

用途:庭木、建築・器具・彫刻材、薪炭、樹皮を桜皮細工


●名前の由来
古い時代から、この木の材の表面に溝を掘って亀の甲羅を焼いて亀甲占いに使用したことから、
「上溝(うわみぞ)」から「ウワミズ」に転訛したというのが通説となっている。



・・・とのこと。

古事記にもハハカという名前が出てくるそうですな。

古代の占いで使われていたとは胸熱です。









[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-04-24 09:45 | 日常
<< お花を間近で。 | ページトップ | たけのこごはん。 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin