Top
吊るし柿。





もうひとつ、今日のうちに投稿しとこっと。

今年初挑戦した、吊るし柿の話。



b0319255_17452871.jpg



Cさん経由で頂いたよそ様んちの渋柿たち。

だーーーっと皮をむく。

私、元々こういうちまちました作業が好きなせいか、

なんだか、とても楽しかったです。

特に、ヘタの周りに包丁を入れてくるくるっとやるやつ。




・・・まあ、ほんの数十個だからのんきなこと言っていられるんでしょうな。

にょほほ。






さて、これを吊るくっていくわけですが・・・

せっかくだから、Cさんから教えてもらった「紐をくるくる」ってやつをやってみたい。

ということは、最近よくある「クリップ付き」じゃないやつ・・・

つまり、何にも付いてない紐だけのやつを買ってくればいいのね。

ということで、ホームセンターへ。

しかし・・・2件回っても、クリップ付きの紐しか置いてない!(;´Д`)

最近はこういうのが主流なのかねぇ・・・。

結局、2件目のお店で「クリップが付いてなくて、紐だけのが欲しいんだけど」と店員さんに訊いて

「水糸(タコ糸)で代用してる人がいますよー」ということを教えてもらい、早速買ってきました。

でも、後で調べてみたら、実にみなさん色々な紐を使ってらっしゃるのね。

(タッカーで柿の頭んとこ留めてる人もいるらしいですぜ。)





紐のこと以外にも、干す前に熱湯にさっと浸ける方法、アルコールを吹きかける方法、燻蒸する方法・・・

家庭によって、ああする人やこうする人、様々のようですな。

カビを発生させることなく美味しく作るために、色々なことをやるんですねぇ。






まあ、今回はひとまず、そのまま干してみました。




b0319255_17453100.jpg


おお、見事に間隔がバラバラだ・・・!!

スビバセン、初心者なもので。ちょっとぶしょったいけどご勘弁を。




b0319255_17453339.jpg


紐が細いからか、コンドルがめりこんどる・・・じゃなくて、紐が食い込んどるわ・・・。

こういうところからカビが生えるとか、生えないとか・・・。

この「食い込み」対策も、みなさん色々と工夫されてらっしゃるようですな。

また地元の方々に教えてもらいながら、自分でもあれこれ調べながら、試してみよう。






無事に完成するといいなぁ。ドキドキするわい。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-11-13 18:13 | 日常
<< りんご園さんへ。 | ページトップ | 新そば祭り 2015。 >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin