Top
カテゴリ:ごはん( 25 )
Top▲ |
紅芯大根。




「土曜は寅さん」の枠が、

今日から「土曜は釣りバカ」になりましたな。

オットが早速真剣に観とります。




b0319255_19504030.jpg


「お魚は?お魚は?私がお頼みしましたお魚は?」

「あるの?ないの?」 by猫(この噺もなんだか可愛らしくて好きです)






この辺りはお魚はとれないけれど・・・

b0319255_19503580.jpg


美味しいお野菜は、色々。こちらはお友達が作っている紅芯大根。

赤かぶのように漬け物にしなくても、切ればもうこの色!鮮やかです。

ごま油や醤油などでさっと和え物に。

他のレシピも試してみたい・・・。








●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください




[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2016-01-09 20:06 | ごはん
りんごと生姜。




b0319255_20393386.jpg


おはようおはよう、中央アルプス。

きりりとする朝、マイナス5℃。





b0319255_20393029.jpg

生姜もすっかり乾きました。カラカラ。

これをミルで挽いて・・・・・




b0319255_20393088.jpg

ちょっと粗めだけど、生姜パウダー完成。

結構たくさん干したんだけど、粉にするとほんのちょこっとだね。

と、いつも思う。

さあ、これからせっせと使おう。体をあっためよう。






生姜といえば。

b0319255_20393090.jpg


りんごと生姜の煮たの。

これのシロップが美味しいんです。

シロップだけ空き瓶にうつして、

お湯だとか紅茶だとか、お酒に入れて。

ホットミルクにも合いそうですなぁ。




もちろんシロップだけじゃなく、

りんごと生姜の残ったのも頂きまっせ。

ミキサーでペースト状にして、やはりこれも飲みものに溶いて。

生姜が結構きいているので、カーッとなります。

風邪をひきませんように、と祈りをこめて、飲もう。







今週もありがとうございました。

冬の間、ひねもすは月・火とお休みを頂きます。

また水曜日からよろしくお願いします。










●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください




[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-12-20 21:00 | ごはん
むーひ。





b0319255_19071678.jpg


また、横着して、敷地内から。

中央アルプスの山々がきれい。

今朝の最低気温は、予報通りマイナス4℃でした。

おお、寒い。キリッとしとります。







さて、良い天気だし大根も干すか~。

b0319255_19071749.jpg


あみあみ。以前にもやったことがあるので覚えたぞ。

よし、これを裏の軒下へ・・・・・・




b0319255_19071734.jpg


おおおおお・・・・・!!??

どうしてこうなった。いやはや、性格が出ますな。お恥ずかしい。

そういえば前回やったときもこんなふうだったけれど、まあ、ちゃんと乾いたから・・・。

半干しにして、はりはり漬けにしよ。ハハハ。







干して漬ける、といえば。

少し前に白菜の干したのも漬けまして。


b0319255_19081118.jpg


地元の農家さんから教えてもらった、和風キムチ。

キムチ、といっても、これはキムチの素を使っているのでとても簡単です。

その名も、「むーひ」!!



b0319255_19081173.jpg


↑これ。




最初、農家のおばちゃんにレシピを教わったときに

「むーひを一本」と言われ、 むーひって何!?

と非常に困惑したのをよく覚えています・・・。

浜松でも売ってたんだろうか?少なくともあたしゃ見たことなかったヨ。





むーひ一本、しょうゆ一本、砂糖1キロ。

これをド~ロド~ロ混ぜて、白菜をじゃぽ~んと漬けて、袋しばっときゃいい。




確かに、こう教わりました。

農家さんが話すのを聞くと、もんのすごく簡単そうに聞こえる。

(まあ、これは実際簡単だったのだけど)

結局は漬け物経験値が私とは比べ物にならないほど高いのだから

もう、そこは、ね。

私も頑張って漬け物名人目指します。(何十年かかることやら。)










●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください




[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-12-18 19:23 | ごはん
漬け物たち。




b0319255_13332635.jpg


サチ 「ちょっと、背中のとこ、なでなでしてみてください。」




なかなかに、甘え上手なチビたちです。

これで、なでなでしないでいると・・・ 「ニャッッ!」と催促されます。







さて!冬本番。漬け物の季節であります。


b0319255_13332281.jpg


赤かぶの甘酢漬け。




自分で漬けるようになって三年目・・・ようやく、自分好みの味になりました。

それにしても、赤かぶも本当に色々な種類がありますのう。

味だとか、色の付き方も全然違う。

ちなみに上の写真のものは王滝かぶ。

もちろん着色料などは一切使わないのだけど、この鮮やかな色。

なんだか嬉しくなりますな。





b0319255_13332618.jpg


こちらは頂きもののお漬物二種。

ありがとうございます!



左のは、「ぜいたく漬け」っていうんですって。

たっぷりの花かつおと、おだしで漬けるんだとか。

「お金持ちじゃないと作れない漬け物だったのよ~~~」と近所のおばあちゃんが教えてくれました。

なるほど~、それでぜいたく漬け!!





右は、信州の定番、野沢菜漬け。

よく遊びに行く農家さんちへお邪魔したときに

「これちょうど漬けたとこだったのよ」と持たせてくれました。

ワタクシ・・・野沢菜漬けはまだ一度も挑戦したことがないのです。

でも、ベテラン母ちゃんから頂くのがものすごく美味しいからなぁ~~~

・・・なんて、甘えてばかりではいけませんな。

まずは倉庫で漬け物樽の捜索からだ・・・・・('◇')ゞ









●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください




[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-12-18 14:40 | ごはん
きのこたち。




きのこっのーこーのこ。

同じ田舎でも、海辺の町で育った私にとって

ぶわわわっと、きのこ一色に染まるこの谷の雰囲気を眺めていると

山だのう と心から思う・・・。





友人知人のきのこ採り名人さんたちは、さあ大変。

あちこちの直売所へ行けばきのこが山盛りで、もう大変。




b0319255_11383115.jpg

今年はコウタケが豊作なんですってな。

コウタケ・・・香茸。名前の通り、香りのいい、とても風味豊かなきのこであります。

塩でささっと炒めただけなのに、なぜか醤油のような風味がする!初めて食べたときは衝撃でした。




b0319255_11410029.jpg

これは、クリフウセンタケやネギといっしょに炒めたもの。

そのまま食べてももちろん美味しいし、蕎麦にのっけてみても美味。

残りの分も、そのまま炒めたり、あるいは煮たりして食べていってもいいのだけど・・・

コウタケの使い方を皆さんに訊いてみると「とりあえず干す」という方が多いですな。

干した方が香りが強くなる上に、保存がきく、という理由だそうで。

なるほど。ということで、オットが早速・・・


b0319255_11382853.jpg

干しとりました。




んで、干したのを

b0319255_11384428.jpg

水で戻して、




b0319255_11383949.jpg

試しに、炊き込みごはんをば。黒いのがコウタケね。

おお、これは、いい香り~~。独特の風味がくせになる。

というわけで、お店のメニューの炊き込みごはん、

在庫がある内はコウタケ入りにしてみますのでどうぞよろしくです。

(苦手な方もいるかもしれないので・・・コウタケの量はやや控えめです。
 他の具材は、根菜や昆布、油揚げなど。)








その他のきのこたちも、色々と・・・


b0319255_11383469.jpg

定番のコムソウ。

色々な食べ方ができるそうだけど、昨年、にんにくとバターと、あと塩だか醤油だかで食べたのが

モウレツに美味しかった記憶。

そういえば、木工のまん吉さんが 「このきのこはぽくぽくしてうめえんだよな!」 とよく言っていまして、

そのぽくぽくが何とも言えず面白いんですよ。なるほど~、言われてみれば、ぽくぽくするわ。



b0319255_11383792.jpg


これはクリタケだっけ・・・。こちらは我々にとって初めてのきのこ。

美味しい食べ方や保存方法などなど、これから色んなことを試していきたいものです。




b0319255_11405747.jpg


うちの蕎麦に合う食べ方もまだ試作中ですが、そのうちにきのこ蕎麦が登場したら

どうぞよろしくです。







浜北の身麻呂のおはなし。
2015年8月、店主急逝のため閉店いたしました。
およそ11年の間、ご愛顧頂き誠にありがとうございました。



[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-10-02 08:45 | ごはん
飯島の旬、いちごとそば粉のケーキ。




一昨日、昨日と記事に書いた、農家のCさんち。

b0319255_13182413.jpg

畑でイチゴ狩りをさせて頂いたのだけど、

熟した赤い実がまだまだあるのはもちろんのこと、ち~いさくて青い実もたくさん。

「露地ものは今が旬で、うちのは来月半ばくらいまで食べられるよ」とのこと。




このイチゴたちが、五平餅を作ったり食べたりしている間もずっと気になっていて・・・

翌日、早速、お菓子の大先生とともに、再びイチゴ狩りに行ってきちゃいました。

そして出来上がったのがこちら。

b0319255_13182864.jpg

いちごとそば粉のケーキ。ミニそばアイス添え。

今回は、小麦粉は一切使用せず、自家製粉のそば粉とアーモンドプードルのみ。

例のいちごたちはソースに姿を変え、ケーキの中に入っています。

(スイマセン、試作のケーキで写真を撮っちゃいました・・・実物はもうちょっといちご色です♪)

今日からお店でお出ししていますよ~。

14時頃から(あるいは暇な時)は、珈琲とのお得なセットもありますので、ぜひぜひ。






それと、他にもCさんから頂いた「飯島の美味しいもの」たちの記録をば。

b0319255_13183285.jpg

またまた、手作りこんにゃくがやってきた!ありがとうございますっ。

帰宅して、オットに「どの食べ方がいい?」と尋ねたところ

「やっぱり・・・・・いつもの甘辛煮がいい!!」と。

ちぎって下茹でして、ごま油で軽く炒め、だし汁と、砂糖、醤油、みりんで煮る。

他にも美味しい食べ方はいくらでもあるのだろうけど、我が家はついつい、いつもこれにしちゃうわ。




b0319255_13183953.jpg

それと、こちらは・・・ ミョウガ竹 with こっこ。

五平餅の時に 「ミョウガ竹って食べたことある?」 と訊かれ、

「食べたことないどころか、名前も初めて聞いた!」 と答えたら

翌日早速分けて下さいました。ワ~~~~イ!

ミョウガ竹って、ミョウガの芽のことを言うんですね。

私、ミョウガは大好きなんだけど、全然知らなかったです。

(うちの裏からも少しだけ出てるんだけど・・・これも食べられるのだろうか・・・。)

小口切りにして水にさらし、おかかと醤油で食べるのが一般的のようです。

一応ネットでもレシピを調べていたら、「熱したごま油をかける」という一文を発見したので

おかか&醤油をかける前に、ごま油をじゅっとやってみました。

は~~~~、こりゃこりゃ、ウマイ!!( ゚Д゚)

普通のミョウガに比べるとクセがあまりなくて、香りもとてもさわやか。

ごはんや、冷奴にのっけると美味しいよ~ と教えて頂いたのだけど

気付いたらもうそのままパクパク完食してしまってました・・・止まらぬウマさ!





あと、もうひとつ。
b0319255_13183590.jpg

「これ作ったから食べてみて~」と、

作りたてのほっかほっか状態で持ってきて下さったこちらは、にんじんの葉と油揚げの煮もの。

あっ、そういえばCさんちの畑で、にんじんがたくさん育っていたっけ!

少し間引きをして、その葉っぱで作ったそうです。

まだ小さいにんじんだから、葉っぱもすごくやわらかくて、ふわっふわ。そして優しい甘み。

「こんなの食べたことないでしょう?」

ハイ!!(*‘∀‘) これぞ、農家レシピ。シンプルだけど、とても贅沢。





以上、この時期の美味しいものの記録でありました。

私も、こういうちょっとしたものをささっと作って「はいどうぞ~」なんてできる、

素敵なおばあちゃんになりたいものです。

精進せねば!









[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-05-22 15:41 | ごはん
手作りこんにゃく。




b0319255_1921165.jpg

桜もとてもきれいなのだけど、

庭で花桃がちらほらと咲き始めたり


b0319255_192995.jpg

裏の空き地で、椿がひっそりと咲いていたり。





そんな今日この頃・・・・・・




いつもお世話になっている近くの農家さんから、

手作りのこんにゃくを頂きまして。
b0319255_192620.jpg

個人的な好みで、ピリ辛じゃなくてただの「甘辛」に。


------------------------------------------
※メモ
2~3分下茹で。
ごま油でさっと炒めて、水・だし・砂糖・醤油・みりんで煮る
------------------------------------------


このこんにゃく・・・ もんのすっごく、どえらく、美味しい。

手でちぎる段階でもう、モッチモチ。ものすごい弾力。

そして、朝のバタバタしている時間にさーっと煮ただけなのに、もんのすごく味が染みてる。

今まで食べていたこんにゃくは何だったんだろう、というほどの衝撃。




そういえば以前より、地元のお友達から

「○○さんのこんにゃく、私も作り方教わりたいんだよ~」と聞いていたけど

これはもう確かに一度食べたら「私も作ってみたい!!」と思いますよ。

でも、こんにゃく作りってすごく大変なイメージが・・・。

私でもできるんだろうか。機会があればぜひ、挑戦してみたいわ。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-04-10 19:13 | ごはん
常備菜。



b0319255_2037671.jpg

最近、とある農家さんから立て続けにいただいた「ちぢみほうれん草」。

ごま和えにしたところ、オットがすっかりハマってしまいまして。

(我が家は黒ゴマしかないので、見た目がだいぶ地味ですが。)



それと、
b0319255_20372542.jpg

こちらも地元の野菜で作る、シンプルなきんぴらごぼう。

お醤油やや控えめ。ちと甘めが好きです。




少し前、他県で農業に携わっている方が来店された時、

きんぴらを召し上がって 「野菜が美味しい!」 と褒めて下さいました。

そうそう、飯島の野菜って風味が濃くて本当に美味しいんですよね。

ここにいると、出来るだけ余計な調味料は使わずに、素材の味を大事にした

「シンプルな料理」を作りたく&食べたくなります。





さあ、春が来て、そしてやがて夏が来る。

お久しぶりの野菜、果物たちとの再会が楽しみですな~。





最後にお知らせ。

ひねもすは、6日(月)、7日(火)とお休みを頂きます。※明日明後日ですな

どうぞよろしくお願いします。

今週も、ありがとうございました。










[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-04-05 20:50 | ごはん
ミニぜんざいと、スプーン。



b0319255_19173641.jpg

昨日の雪の上。

朝になったら猫たちの足跡が点々と・・・・・。

早くから行動しておるのう。



b0319255_19173318.jpg

日中は陽がさして、雪がぐんぐんとけるとける。

つららもいつもよりちょっと控えめ。でも相変わらず面白い形だヤァ。






そうそう、ちょこっとだけ お知らせです。

b0319255_19174199.jpg

ミニぜんざい、はじまりました。



少し前に、常連のお客さまから

「お腹がけっこういっぱいになっちゃって・・・ ちょっとだけ食べたいんだけど、できる?」

と言われたのがきっかけで。

確かに、食後に「ちょっとだけ」っての、お気持ちわかります。

ふつうのぜんざいは500円。ミニぜんざいは300円。

地元産小豆がごろごろ~っと入った、ちょっと贅沢なぜんざいです。

冬限定なので、ぜひ。




そして、ぜんざいといえば。

b0319255_19174531.jpg

まん吉さんが、「ぜんざいスプーン」を作ってくれました。ワーイ!!

スッとすくいやすくて、とてもなめらかな口当たり。

やはり木のカトラリーはぬくもりが感じられていいなぁ・・・。



b0319255_19174853.jpg

柄の部分には、いつものにくきゅうマーク。可愛らしい。



b0319255_19175167.jpg

まん吉さん作、木のカトラリーは他にも。

アイス用や、そば団子用など。ひとつひとつ形が違うから、本当に楽しい。

今年も楽しみなまん吉ギャラリーであります。






最後にお知らせ。

今日は旗日で営業していましたので、明日13日(火)はお休みを頂きます。

よろしくお願いいたします。

それでは、また。おやすみなさいまし。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-01-12 19:33 | ごはん
冬の飲みものたち。



b0319255_12482825.jpg

勢いで、今のうちに二度目の更新。

(昨日サボった分もね。)

身麻呂の頃、つけ鴨汁そばで使っていたこの抹茶碗・・・。

「もう使わないから、持ってっていいよ」と言われ、ありがたく頂戴したわけなのだけど

今のところこれを使うメニューはないので、食器棚の奥でお休み中・・・。




でも、それももったいない。

というわけで、引っ張り出してきて、抹茶オレをば。

(普通の抹茶ではなくなぜかオレ。うまー。)

そうだそうだ、ぜんざいも作るようになったしそろそろお店であずきオレをやろうと思っているのだけど、

抹茶オレにあずきを入れても美味しいよね。おそらく。

あとで試してみよう・・・・・。






ところで、近所の農家さんから、最近こんなものを頂きまして。
b0319255_12483166.jpg

日本蜜蜂の、百花蜜。

同じ耕地で作っているから、

「これは追引(耕地の名前ね)の味がする蜂蜜だに~」とのこと。

この色、そして独特の風味、蕎麦の蜜がだいぶ入っているのかな。美味しい!

これを使って、またまた・・・・・・

b0319255_12483366.jpg

しょうが茶を作ってみました。

前回結構辛くなってしまったので、今回は蜂蜜、砂糖、ともにやや多めに。

でもやっぱりすりおろしだと辛味がある程度残るな~。

次作る時は、しょうがシロップにするかな。

しょうがをスライスして、砂糖で煮て、濾してシロップだけにするのだ。




b0319255_12483674.jpg

今回作ったしょうが茶は、自分たちで飲むのと・・・

料理に使っちまおう。しょうがと蜂蜜、砂糖だから、煮物にぴったり。






・・・・・改めて読み返すと、今日の記事はなんだか思考ダダ漏れ記事だな。スミマセン。

ではみなさま引き続き良い一日を。









[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2014-12-13 14:47 | ごはん
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin