Top
カテゴリ:レシピのような( 14 )
Top▲ |
柚子ピール。





b0319255_14144654.jpg



今朝、また氷点下。

寒いわけだ。

昼間も冷たい風がビュービューで

なかなか分厚いストールが手放せません。




b0319255_14144600.jpg



裏庭でぽつんと咲いた水仙。

やっぱり黄色っていいですな。

ぱっと気分も明るくなる。







黄色といえば・・・


b0319255_14145831.jpg



中身も黄色いのに、ボウルも黄色い。

柚子の皮です。

薬味用の柚子はもう冷凍庫にストックしてあるのだけど

それでも使い切れない柚子がずーっとコロコロ転がっていたのです。

さて、どうしよう・・・と放置しているあいだに

中身が少しずつ傷んできてしまって・・・・・・





皮はきれいなままなので、慌てて剥いて、柚子ピールをば。

もっと早くに取り掛かればよかった・・・と思いながら。





b0319255_14145812.jpg



一晩水につけて、白いところをちょっとこそげて、

二度茹でこぼして、砂糖を入れて煮詰める。





b0319255_14145843.jpg


今朝の窓辺。

昼間は外へ移動しました。

乾いたら、グラニュー糖をまぶして完成。

何年か前、スルガエレガントの皮で

オランジェット・・・なるものを作ったけれど

あれも美味しかったなぁ。

チョコをつけるやつ。

あれも・・・やるかなぁ、どうかなぁ。

また、考えよう。









●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください







[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2016-03-25 21:25 | レシピのような
フキノトウソース。





春の味覚。フキノトウ。

先日遊びに行ったご近所さんのお宅で

たくさんおすそ分けをいただきまして・・・。

さて、どうする?

ふき味噌、もいいけど、

私あんまり食べないしなぁ・・・。





色々考えた結果、

フキノトウのソースを作ることに。





b0319255_14252277.jpg



フキノトウ、にんにく、オリーブオイル、塩。

(アンチョビも入れると美味しいらしいですよ。)

シンプルな材料で、シンプルな作り方。

みじん切りにして、ざーっと炒めるだけ。





バジルやシソのソースのときは、ミキサーなどでガーッとやりますが

フキノトウソースの作り方を調べると、みなさんフライパンで炒めているようなので

私もまねっこです。

もちろん炒めたあとにガーッとしてもいいかもしれんですね。






b0319255_14252263.jpg



不思議なものが出来ました。





b0319255_14252253.jpg



早速、パスタに・・・。

いや、ウソです。きしめんです。

本当は釜玉うどんであっさり食べようと思って買っておいたのだけど

まさかこんなふうになるとは・・・!!





結論。美味しかったです。

うむ。このフキノトウソース、なかなかよいです。

あまりクセがないけど、フキノトウの春らしい風味は

ちゃんと残っています。





あたしゃ、じゃがいもをこれで炒めて食べたいねぇ・・・。

他にも色々試してみなければ。










●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください





[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2016-03-11 14:50 | レシピのような
そば茶→紅茶??




b0319255_14193557.jpg



当店でお出ししている、自家製そば茶。

最近、新たな発見が。





しょうがとりんごを入れて煮出すと、

紅茶のような風味がする・・・!





b0319255_14192274.jpg



しょうがは、昨年作ったしょうがパウダーを使ったけど

スライスでも良いでしょうな。





b0319255_14193548.jpg



りんごは、オットが作った干しりんご。

・・・でも生のりんごでも、もちろんいいでしょうな。





香ばしくてフルーティー。

う~む、これは他にも色々楽しめそう。

あ、ちなみにそば茶は店頭で販売中です。

こちらもよかったら、ぜひ。







さて、今週もありがとうございました。

明日はひねもす定休日です。

また水曜日から、どうぞよろしくお願いいたします。










●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください







[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2016-03-06 19:02 | レシピのような
メモメモ。




今週はお休みを多く頂き、色々とご迷惑をおかけいたしましたm(__)m

今日からまた、通常営業です。どうぞよろしくお願いします。




さて・・・

今月初め頃から、このメニューが登場しています。

普通は、切り替わるときにお知らせするものだけども、遅くなってすみません。

b0319255_12592545.jpg
新じゃがと新しょうがの炊き込みごはん。(あれっ、じゃががひとっつも写っとらん。)

昨年も、新じゃがが出始めた頃から作っていたごはんです。

長野ではまだギリギリ「新」つけてもいいぐらいかねぇ・・・そういえば。

b0319255_1355981.jpg

今年は、近くの農家さんからじゃがいもを直接買わせてもらっています。

「くーだーさい。」 で、目の前でぼこっと掘ってくれる。これがほんとの新鮮野菜。

b0319255_136214.jpg

すごい持ち方だな・・・。指がどうにかなるぞ、オット。

見るからに美味しそうなキタアカリ。私の一番好きな品種!(じゃが全般好きだけどもね。)

もちろんごはん以外にも、色々な食べ方で美味・・・ほっくほく。





ついでに夏の簡単な一品メモメモ。
b0319255_125931100.jpg

頂きもののモロッコいんげん。

昨年はお浸し。今年はごま和え。



b0319255_12592829.jpg

左は、トマトに玉ねぎドレッシングをかけたもの。

このドレッシング、個人的にすごく気に入っていてよく作ります。

すりおろした玉ねぎと、千切りの青じそ。あとは酢、オリーブオイル、醤油、砂糖。




右は、きゅうりの煮浸し。 これ、お客さまに結構驚かれる。

うちの店のあったかそば用のつゆに、醤油とみりんを少し足して、5~6分くらい煮て冷ますだけ。

あ、あとしょうがを少し・・・。




昨年は、きゅうりはほとんどキューちゃん漬けにしちゃっていたのだけど、

こっちの方がさっぱりして食べやすいなぁ、と。

(とか言いつつ、消費のためにキューちゃん漬けも作りましたが・・・。)





作るのに手間がかかるものは、意外と覚えているものだけど

ささっと簡単に作れるものは、忘れちゃうのですよねぇ・・・。 (普通は逆かね?)

だからよく、「去年のこの時期は何を作ってたっけ?」とメモを見返します。





b0319255_12593320.jpg

あっという間に夏だものなぁ・・・。 ああ、強い光だ。





それでは、また。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-07-30 09:55 | レシピのような
まさかの強火。




「ジャムを強火で煮るのか・・・。」




これまで、何度か果物のジャムを作ってきて

誰かから教えられたのか、本で読んだのか、ネットで見たのか

ジャムは弱火でことこと煮るもんだ との認識があったのだけど

「ジャムは、強火で煮てできるだけ短時間で仕上げる。」というのを

つい2、3日前に知りまして・・・。

(みなさんご存じでした?あ、ご存じの方もいますか、ハイ、すいません・・・)

弱火で長時間煮てしまうと、果物の持つ風味やきれいな色が損なわれてしまう、とのこと。




b0319255_81377.jpg

で、早速、残りのいちごで試してみました。

おお、おお・・・!!のんきに写真を撮っていたらものすごい勢いて吹いてきた!

少しだけ火を弱めて、大量のあくを絶えずすくいながら、そして焦げないように様子を見ながら。



およそ30分後・・・・・

b0319255_813995.jpg

いい具合に仕上がってきました。そろそろかな。



b0319255_8131265.jpg

頂きもののカップケーキにのせて。

確かに、色はきれい。すごくつやつやで、美味しそう。

そして実際に、とても美味!(まず、元のいちごが美味しいからなあ~。)

具体的に、弱火で作ったのと比べて「どこがどういう風に違う」というのが伝えられなくて申し訳ないけど

次回なにかのジャムを作る際には、またこの作り方でやってみよう。うむ。





おまけ。
b0319255_8131599.jpg

即席いちごミルク。

このあとぐ~るぐる混ぜて。大きいいちごの粒は、つぶしたり、そのまま食べたり。

美味しい・・・・・。





ひねもすは本日(25日)定休日であります。

また明日からよろしくお願いしますm(__)m










[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-05-25 08:32 | レシピのような
手作り玄米茶。




「オポッサムの、オールナイトニッポン!」

のくだりで思わず変な声が出た今朝です。

いやあ、改編期ですなぁ・・・。

とはいえ、いまだローカルAMに馴染めていない私は

(こっち来てからほとんど聴いとらんもんね・・・)

今までに比べるとそこまで番組のチェックに熱が入っておらず・・・。





あ、そういえば。

少し前のことだけど、別の部屋から突然

「西からも~ 浜名湖見えたらSBS♪」 チャチャラチャチャチャチャ~

↑懐かしのコレが聴こえて、

「えっなぜにSBS!?」 と音のする方へ行ったら、

オットがUstreamでSBSを聴いていたのでした。

あ~そうか~ ラジコプレミアムでは聴けないけど、Ustreamで聴けるのか。

(といいつつ、まだ自分のスマホでは試していない私でした。まあ、そのうちに・・・)






話はかわりまして・・・・・

b0319255_1251413.jpg

昨年の夏頃から、お店で「自家製の蕎麦茶」をお出ししているのですが

最近、これにちょっと小細工をしまして・・・



b0319255_12515681.jpg

玄米茶を、少しだけ足しています。

こちらも一応、自家製。

(・・・我が家は別に「何でも自家製の自然主義」というほどではないのだけど

玄米が家にたくさんあるからさ・・・。)

作り方はいたって簡単で、玄米をむんずと一掴みしてフライパンで乾煎りします。

しばらくすると、だんだん「パチパチ」と米がはじけてくるので(飛び散るわけではありません)

フライパンをゆすりながら、焦がさない程度に炒っていくだけ。




試しに急須に熱湯を注いで淹れてみると・・・

う~~~む、む、確かにお米の香ばしい香り。まるで「ポン菓子」のような。

しかし、ほぼ透明。

よく考えてみれば、一般的に「玄米茶」というと、玄米と煎茶を合わせたものなのよね。

(調べてみたところ、玄米と煎茶あるいは番茶を、1対1で混ぜるそうな。)





それじゃあ、煎茶じゃなくてうちの蕎麦茶に混ぜてみたらいいんじゃないか・・・

と思って作ってみたのが、今お出ししている「蕎麦&玄米茶」。

個人的には、香ばしくて好きな味。

市販の蕎麦茶や玄米茶とはまた違う味わいです。

一般のご家庭ではなかなか蕎麦殻はないかもしれないけども、

「玄米ならあるに~」という方、もし興味があればお試し下さいませ。

普段の煎茶に少し足せば、風味が豊かになりますぞ~。







[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2015-03-28 13:21 | レシピのような
シソベーゼ。



b0319255_11433826.jpg

昼下がり、我が家の勝手口の外でよく見られる光景。

ご近所さんとこのシロ子(本名はサクラちゃん)が、まどろんでいる。

風がよく通って、どうやら気持ちいいらしいです。

木漏れ日がゆらゆら揺れて、いいなぁ。





さて、昨日のこと。

お友達のご紹介でいらして下さったお客さまから、こんな頂きものが。

b0319255_11434044.jpg

玉ねぎ&にんにく。ありがたや!!

そうそう、玉ねぎもにんにくも、今が収穫期なのよね。

私も最近よく産直所で地元産のものを見つけては、いそいそと買い込む日々。





にんにくといえば、またアレを作らねば、と思う。


バジルソース。 (画像は旧ブログから。→ 「干したり漬けたり。」

よく洗って乾かしたバジルの葉と、にんにくと、塩と、オリーブオイルで作る手抜きレシピだけど

もともとバジルの風味が大好きだから、何にでも使いたくなるくらい美味しい。





でも、肝心のバジルが・・・・・

b0319255_11434366.jpg

ソースを作るほど、育っていない・・・・・・・・。

「バジルも植えなきゃなぁ」と思いながらも、モタモタしていたので

まだ植えたの最近なんですわ・・・・・・・。





だから、この代わりに、隣に植わっているこちらを使ってみました。

b0319255_11434630.jpg

大葉。こちらは5月くらいに種を蒔いておいたもの。ようやく育ってきてくれたわ。

以前、本かネットで・・・ 「シソベーゼソース」というのを見かけたことがあって。

バジルの代わりにシソで作るソースね。バジルの「ジェノベーゼ」にかけているらしいです。


b0319255_1143486.jpg

大葉も、そんなにたくさん採れなかったけど・・・まあ、お試しということで。


b0319255_11435050.jpg

今回は完全に手抜きで、ブレンダーも何も出さず、ただ刻んで混ぜるだけだったので

「ソース」というよりも、「オイル漬け」になってしまったわ。これはこれで美味しそう。

早速、これでじゃがいもを炒めてみました。

さすがにバジルほど強い香りはないけれども、大葉のさわやかさがくせになりそう。

もっとわさわさと育ってきたら、たくさん作ろう。フム。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2014-07-03 10:43 | レシピのような
実山椒。


うちのすぐ裏には、山椒の木がありまして。

先月には新芽をごはんの上にのっけて使っていたけども

最近は青い実がなっているのよね。

あたしゃ山椒の木と共に暮らしたことがないので、知識が皆無なのだけど・・・

でもあの爽やかな辛味は大好きなので、処理方法を調べて使ってみることに。


b0319255_11265754.jpg

とりあえず、手の届く範囲で実をぷちぷちと採ってみたわ。

(本当に少しだけだな・・・高いところのは改めてオットにお願いせねば。)

まずは、ゆでてあく抜きをするのだね。

たっぷりのお湯を沸かして、そこに塩をひとつまみ。

実を入れて、30秒ほどさっとゆでる。ゆで上がったらすぐにザルへ。




このあと、水にさらすのだけど・・・

例えば、ぬか床用にする場合は、さらす時間は10分ほど。

佃煮などに使うなら、1~2時間ほど。といったように、用途によって時間が異なるみたい。

直接口に入れる場合は、長めにさらさないと辛味が抜けないんだねぇ。




ちなみに、辛めの山椒を口にいれるとピリピリとして舌が痺れるような感覚があるけど

あの成分には「サンショオール」という名前がついているらしい。

山椒・・・ サンショオール!!

なんと味わいのある響き。




サンショオールの効能については、下記のとおり。

研究によると、サンショオールは舌の触覚神経を刺激し、

まるで電気が流れているかのような状態にすると言われています。

そしてその触覚神経がつながっている先の大脳皮質味覚野の働きを活発にするので、味覚が鋭敏になります。

この効果を利用すると普段使う調味料の量を少なくすることができるので健康に役立ちます。

例えば、焼き魚やステーキに軽く塩を振るだけで塩味のしっかりと効いた減塩料理になります。

また、あっさりとした豆腐にはしょう油を少し使うだけで旨みを強く感じることができますし、

牛乳では濃厚な味を楽しむことができます。


(検索したら、ためしてガッテンのサイトに書いてあったから引用させてもらいましたぞ。)




なるほど、なるほど。

美味しく食べられて減塩につながるのなら嬉しいことだわ。




b0319255_11265259.jpg

ちなみに、ゆでた山椒は冷凍保存がいいそうなので早速そのようにしたのだけど

ほんの5~6粒だけわけておいて、軽く刻んでごはんに混ぜてみました。

ああ、やっぱり香りがいいな~。辛味もほどほどで、ちょうどいい。

(とりあえず間を取って一時間半水にさらしてみた。)





今のうちに、もっと実を採っておかねば。フム。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2014-06-27 19:32 | レシピのような
金柑ジャムを煮る。



幾歳すぎたか 旅の空~~~

思いはいまだに 野に 山に~~~~~~



ハイ ハイ ハイ ハイ ハイ ハイ♪



b0319255_2054165.jpg

先日のこと。 裏の、おとなりさんちの田んぼに水が入りまして。

風のない日だったら、周りの山々が映り込んでやはりきれいなのだろうか、

と思いはしたものの。一昨日昨日は風があまりに強く。




そして、今日。




夕方、買出しから帰って車を降りて、ふと思ったのですよ。

「あ、そういえば今日風がなくて静かだから、田んぼまで行ってみよう」

買い物袋を持ったまま、玄関を素通りし、雑草茂る庭の奥から、裏へ抜ける。




b0319255_2054472.jpg

おお。鏡のように映っておる。

・・・といっても、カメラを持っていなかったので とりあえずiPhoneでカシャっとな。

うーむ、この写真でわかるかなぁ。

真ん中らへん、上下に仙丈ヶ岳が小さく。肉眼で見たら、ものすごくきれいだった。

次はちゃんと、カメラを持っていこう。。。







さてさて、

昨日は定休日でして、仕込みやら事務的な用事やらをしていたわけなのだけど

b0319255_2054813.jpg

午前中ふと思い立って、以前いただいた金柑でジャムを作ってみた。



b0319255_20541127.jpg

ひとつひとつ、へたを取り、4分の1に切って、中の種を取る。

この作業が時間がかかるのよね・・・。

でも、サイコラジオを聴きながら黙々と作業するこの感じ、好きですわ。



b0319255_20541437.jpg

首が痛くなってくるので、途中で休憩をはさみながら、すべて終わるまで一時間半ほど。




b0319255_20541718.jpg

金柑をストウブに移し、金柑の3分の1くらいの量の砂糖をまぶしておく。

このまま数時間(昨日は4時間くらいだったかな)おくと、水分が出てくるので




b0319255_20542190.jpg

それにもう少し水を足して、ぐつぐつと弱火にかける。

あくが出たら丁寧に取り、20~30分くらいかなぁ・・・。

本当は皮がもっとトロトロになるまで煮詰めてもいいのだけど、

少し歯ごたえがあるぐらいが好きなので。





我が家はごはん食なので、パンに塗って食べるということはめったにないのだけど

アイスにのっけたり、ゼリーを作ったりしようかなぁ、と思っとります。

でも、今のところは 「ホット金柑ドリンク」 にして、喉を痛めたオットに飲んでもらってますわ・・・。

柚子茶みたいに、ジャムを湯呑みに入れてお湯で溶くだけ。

金柑は喉にいいからね~~~。





最近空気がやけに乾燥していて、喉を痛めている人が多いみたいですな。

みなさまお気を付け遊ばせ!私も気を付けます!








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2014-05-13 21:20 | レシピのような
ぜんざいを食す。



オットが寅さんを観ながら

「寅さんはさぁ、幸せものだよねぇ・・・」

と つぶやいたところが、本日のハイライト。


b0319255_21424596.jpg


私は私で、昨夜から今朝にかけて衝撃の出来事があり。




昨夜、寝る前に30分のタイマーをかけて アルピーのオールナイトニッポン0をかけていたところ

冒頭の「このラジオ今月で終わるんだってさ」「ウォリャー!!」ってとこだけ聴いてショックを受けたのだけど

今朝、続きを聴いたら 三時台の終わりに 「来月から一部で頑張ってもらいます!」ってオチがあって

ひとりで「ワー!!」となっとりました。




いやあ・・・また改編期がやってまいりますな。

いつもワクワクドキドキなんだけど、現時点ではまだこちらのAMに完全に馴染んでいないので

多少落ち着いて過ごせそうです・・・。








さて、そんな今日この頃。

また地元の産直所で小豆を購入してきて、多めにぜんざいを作ってしまったわ。

白玉ぜんざいを食べたいなと思って、白玉粉も買ってあるのだけど

なんだかんだで、他のものでぜんざいを食べ進めているのであります。




例えば。

b0319255_21424824.jpg

そばがき(風)ぜんざい。

このそばがきはちゃんとしたものではなくて、蕎麦を打った時に出る「切れ端」をとっておいて

それを細かく刻み、そばがきを作るように水で練りながら火にかけるのです。

いつもは、この切れ端は蕎麦湯で使うのだけど(我が家の場合)。

もちろん蕎麦粉で作るよりも粗いそばがき(風)になるのだけど、これはこれで、素朴な味わい。






あと、こちらも体があったまっておすすめ。

b0319255_21425137.jpg

あずきラテ。

ぜんざいを贅沢に大さじ3杯と、あたためた牛乳と、コーヒーで。

本当はスチームミルクを作ってのっければ、もっとそれっぽくなるのだろうけど。

(何年か前にブイイーンってやるやつ使ってたんだけど、浜松の店に置いてきちゃったかな?)





小豆は体をあたためるというし、寒い時期のおやつにぴったりですな。








[PR]
Top▲ | by hinemosk | 2014-03-08 22:03 | レシピのような
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin