Top
【DIY】 壁破壊・塗装など・・・



おや、オットからホワイトデーのお返しがないな

と思っていたら、

そういえばバレンタインなんにもあげてんかった という。






そんな今日。

b0319255_22252076.jpg

いよいよ、奥の押入れを解体しはじめました。

ここに作り込みたいものがあるのですよ。






壊すのはオットにまかせて、私は・・・
b0319255_22252590.jpg

先日作ったテーブルにオイルステインをば。

明日、重ね塗りしよっと。

これ、私にとって記念すべき “手作り家具第一号” なのであります。

特に図面はひかず、このぐらいの大きさかなーと大体のサイズと構造を決めて

木材はホームセンターで探し、その場でどの木をどう使うか考え

木材切るのも基本的に現物合わせなので、勢いで結構テケトーに作ってしまった。

後先考えていないので、脚がちょびっとはみだしていたり、木ダボでふさぐはずのところは結局ふさいでないし・・・。

なにより一番の失敗は、 脚の長さ ま・ち・が・え・た。 まちがえた。

(合掌)






脚、70cmで切ったはずが何を思ったか80cmで切ってました。

結果、テーブルではなく作業台が出来上がりました。






何をやっているんだわたしはァーーーーー!!!(;´Д`)

・・・・・・・まあ、厨房の、まだ作業台が入ってない箇所に置いてみたらすっぽりはまったので

ちゃんとした作業台が来るまではそこに置いておこうかと。

その後は、私が縫い物をするときの作業台に使おうかな~。






b0319255_22253891.jpg

さて、それが済んだら 今度は壁のペンキ塗り。

空いた時間にちょこちょこと塗っているので、一度塗りのところ、二度塗りが済んだところ

パテ埋めしかしていないところと、さまざま。

ちなみにこれは居住部分の部屋。

客室の方も、古い砂壁はベニヤでふさぐ予定なんだけど

その上に塗料を塗るか、壁紙をはるかどちらにしようかと・・・。

とりあえず居住部分の方にペンキを塗ってみて、仕上がりと所要時間とかかりそうな費用をみて

それから考えようかな、と。





ペンキがなくなるまで塗り続け、気付けば夕方・・・

奥の部屋へ行ってみると





b0319255_22255087.jpg

おっ!押入れの壁がなくなった。

一歩前進。

あと、室内の垂れ壁も一部、なくなっててすっきり。







おまけ。
b0319255_22255572.jpg

以前、職人さんに教えてもらった、飯島食堂さんの「かつラーメン」。

最近揚げ物に飢えていたので・・・ あ~~~~~美味しかった。

今度は何食べようかな。








[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-03-14 22:49 | DIY
雨とりんご煮。


〽何も言わずに 見つめていた 軒の玉水は・・・・・





b0319255_18134341.jpg

いやあ、今日はほんとうに 雨がざんざん降った日であったことよ。

夕方6時前・・・ 空がいやに黄色いなぁ、と眺めていたら 雨がふいに止んで

「そうか、雲が晴れたところから少しだけ日が差して、あんな妙な色になっていたのか」と、オットの分析。

なるほどね・・・ 世紀末かと思うほどの黄色い風景で内心ドキドキしていたのだよ。






さてそんな今日は、日曜大工をお休みして・・・

b0319255_17552998.jpg

オットは重要な事務仕事、私はカウンター周辺の図面を描いとりました。

どういう構造にしようか・・・ ああして、こうして、こんな感じ?と、オットに見せに行き、

「ここにもう一本補強を入れたほうがいいじゃないの?」などアドバイスをもらい、少し描きなおす。

(私、一応建築デザイン学科出身なんだけど・・・肝心なことはすべて頭から抜け落ちているのだ。)

大体の形は見えてきたので・・・ 木材を調達しに行かねばなぁ。





そんな感じで今日はずっと椅子に座り、ストーブにあたっていたので・・・

b0319255_17552615.jpg

ちょいと、りんごを煮てみた。

以前作った梨のコンポートが美味しかったので、同じような感じで。

本当は白ワインで煮込むのだけど、今は家にないので、お水、砂糖、シナモンで。

一体、ストーブの上にどのくらい放置していたんだろう・・・

はっ と気付いたら、くったくたの、トロットロになっていて、味見をしたら 「甘っ!」。

結構煮詰まっちゃったかな。まあ、いいか。少しずつ食べるようにしよう・・・。







「ただストーブをつけているのがもったいない」

という、心境。

b0319255_17553244.jpg

先日購入したこの本に、まったく同じことが書いてあって、思わず笑ってしまったよ。

飯島は「山暮らし」ではなく、「山あいの町暮らし」だけど、

なるほど~って、参考になるところや、あ~わかる!って共感してしまうところもあって、一気に読破。

おそらくこの方が住んでらっしゃるのは、八ヶ岳の辺りなんじゃないかなぁ。

途中、「ほったらかし温泉」の話も出てきて、おお!と声を上げてしまったり。

ああ、山梨。落ち着いたらまた遊びに行きたい。

山梨の春といえば、桃や桜の花・・・






(過去の写真を眺め、ひとりため息をつく・・・ きれいだったなぁ。)





今年は行けるかわからんけど、また花めぐりの旅に出ねば。








[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-03-13 18:34 | ごはん
まめまめしく。


b0319255_23133212.jpg

とんでもなく、風の強い一日。

飛ばされることなく、しっかりと生きとります。とりあえず。





b0319255_2384365.jpg

今日もまた、玄米を食す。黒豆を一緒に炊いてみました。

この間までは、白米+大豆で炊いていたけど、ちょいと気分を変えて、ね。

圧力鍋で炊くとき、玄米も黒豆も、浸水時間とらなくてもよいのね。

時短で大変助かります。

ほっくりほっくり、ああ~~~美味しい。おかわりしちゃったわ。





b0319255_2384529.jpg

台所を整理していて、ふと思った。

いつの間にやら、豆が増殖している・・・・・・!!!

もちろん勝手に増えるわけはなく、私がせっせと買い込んでいるのだけど

なんなんだろう、これは・・・ (豆たちを前にしばし立ち尽くす)。





産直所に行くと、地元産の豆がずららっと並んでいるんだもの。

どれもこれも可愛くってさー。ビンにざざーっと詰め替えるときのあの幸福感よ。





b0319255_2384725.jpg

豆、といえばこの本ね。

チルチンびとでの連載がまとめられた、塩山奈央さんの本。

ぼんやりお茶でもすすりながら、たまにこの本を眺める。

あ~~~よい暮らしだなぁ、など独り言を時々言ってみる。

見習いたい、というのか、憧れる、というのか。

まあ、でも 自分の暮らしをベースに、さまざまな気になる要素を取り入れていければ、なぁ。






そういえば。(ふと思い出した)

昨日、思いがけないお客さんがいらした。

以前住んでいた浜松のアパートの、お隣さんの、お友達。

引っ越しの挨拶をしたときに、長野へ移住するのだと言ったら

「私の友達で、長野に住んでる人がいるのよ!今度伝えておくわー」と言って

「向こうでも頑張って」と、みかんを一袋下さったんだっけ。

まあ、聞けば長野といってもここからしばらく北へ行った町の人らしいし

本当に来ることはないんだろうな~なんて思っていたのだけど(失礼を承知で)。

その方が、突然いらしたのだわ。

あんドーナツの袋を持って。

「大体の場所は聞いてたから、そこの産直所と、あとその辺にいた人に

“今度新しくできる蕎麦屋はどこだい” と訊いて回ってきたんだよ」

とのこと。

うわー、なんと、びっくり!!本当に来て下さるとは!!

なんとそのお方、古民家に関するお仕事をされているそうで

古い建具やガラスなんかの相談にも乗って下さるみたい。

わー嬉しいなぁ~~~。 これも何かの縁なんだろうな。

新しいつながりを、大事にしていかねば。

そして、お土産のあんドーナツは 素晴らしく美味しかった。ごちそうさまです。







おまけ。

b0319255_238494.jpg

昨日からはじめたぬか漬けの様子。

捨て漬け野菜を入れたあと、昆布と唐辛子をさすのだけど・・・

昆布が細長いのしかなかったから、たくさん入ってるように見えるね・・・。

(今はもう、ほっくりほっくりかき混ぜたので、埋もれているけれども。)

美味しくな~れ~~~。








[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-03-12 23:32 | ごはん
玄米、野菜、ぬか。



b0319255_22333258.jpg

中央アルプス方面の空を眺めていたら、飛行機雲が見切れたゆうべ。



二年ほど続けているinstagramで、フォロワーさんから

「いつも、とってもステキなところにお住まいなんだろうなと 想像を膨らませています。」

という、ものすごく嬉しいお言葉をいただきました。




そう、そう。本当に、よいところ。






今日は、砂壁の補修(パテ埋め)をやりながら、合間合間に色々なことをした気がする。

そのうちのひとつ。

b0319255_2233353.jpg

昨日、「玄米だけで食べるのが苦手」と言ったのを・・・ 早速ですが撤回します。

玄米って、こんなに美味しかったっけ!?

中学だか高校の時・・・ とにかく実家にいた頃、

母が炊いてくれる玄米は、固くて苦手で。白米と混ぜて、まぁ食べられるかなという記憶。

(父が玄米好きじゃなかったので、だんだんと炊かなくなってしまったのだけど。)

それからずーっと苦手意識があって、例えば自然食系のごはんやさんで

「ごはんは玄米に替えられますよ」と言われても、「いや、白米でいいです」と言っていた私。




最近玄米をたくさん買って、一部を精米したわけなんだけど

「上手に炊けば、玄米でも美味しく食べられるのかなぁ・・・」という思いがふとよぎり、

とりあえず今日のところは、玄米だけで炊いてみることに。使ったのは、圧力鍋。

さっと洗った玄米と、水と、自然塩を少々(甘みを引き出すため)。




そして、圧がかかってから弱火で20分ほど・・・




圧が抜けてフタをぱかって開ける、と





b0319255_2233353.jpg

あらー!見た目からしてもっちり!ふっくら!

そして食べて、「うまーーーーーー」。

おかずが出来上がる前に、フライングでごはんだけよそって食べちゃいましたよ・・・。

ああ、やっぱり塩を入れるといいね、本当に甘くて美味しい。




なんだ、玄米美味しいじゃん・・・(今更、ですよね、スミマセン)。

つまり、母の炊き方が・・・(ゴホン)。

あっ、それとも、子供の頃と味覚が変わったせいかしら?





・・・とはいっても、お店でお出しするごはんは、玄米のみだと好みもあるからアレかなぁ。

少しブレンドするか、以前浜松の店でやってたように蕎麦の実を混ぜようかな。

豆ごはんも美味しいよね。炊き込みごはんも・・・     ああ、ビバお米。






もうひとつ。

b0319255_22333897.jpg

以前、テレビか本かで見かけて、ずーっと気になっていた、ベジブロス。

作ってみました。(煮たのが夜だったので、使うのは明朝からだけども。)

ベジブロスとは、簡単にいえば 野菜の皮や根っこなど「野菜くず」から作る、野菜のお出汁。

飯島に来てから、野菜くずは堆肥にするためコンポストに放り込んでいるので、決して無駄にはなっていないのだけど

ベジブロスを作れば、もういっちょ お野菜のいいところを吸収することができるから。

また、ちゃんと写真撮って備忘録的にupしようとは思うけど、

アンチエイジング、美肌効果、免疫力アップなど・・・ とても嬉しい効果があるのだとか。

味噌汁、スープ、鍋、煮物などなど、いろんなお料理で使えるみたいだからどんどん使っていこう。






更に、もうひとつ。

いよいよ、ぬか漬けをはじめました・・・。

生ぬかが手に入ったし。物置で眠っていた、漬け物用のかめを発見したし。

自然塩も昆布も唐辛子もあるので、夜になってから エイヤッとやってみました。

ちょっと写真を撮る余裕がなかったので、(はじめてのことなのでアワアワしながら仕込んだのです)

また後日、改めて経過をupしていければ、と。

美味しいぬか床を育てていけたらいいな~。






今日という日は、皆それぞれ、色々なことを感じて過ごしていることと思います。

我が家でも、今日 とても悲しい出来事がありました。

悲しいけれど、少しほっとしたような。心なしか、お祝いしたい気持ちもあって複雑なのですが。





それでも、美味しいものがしっかり食べられて、美しい景色を見せてくれる今の環境に感謝して

日々つつましく、自然に溶け込む暮らしを 今後もしていけたらいいなぁと そんなことを思ったのでありました。





ではでは、また 違う明日がやってまいりますな。

おやすみなさい、どうかみなさま 良い夢を。









[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-03-11 23:17 | ごはん
雪と米。


♪雪がとけて ぼくたちは 春を知る



b0319255_21215922.jpg


とかなんとか言ってたら




b0319255_21221310.jpg

また積もったYO!




b0319255_21221621.jpg

カメラの中でほら 夢のような物語が は~じ~ま~る♪





寒いけれど、朝日を浴びた庭の雪たちはあまりにきれいで

ギュウギュウと踏みしめながら 家のぐるりを二周してしまったことよ。





さて、こんな日に。

開業するにあたってとても大事な用があり、岡谷まで行って参りました。





そのあともう少し足を伸ばして、浜松時代からお世話になっていたとある業者さんへ顔を出しに。

ためになるお話をたくさん聞いたのだけど、最後におじさんが言っていたっけな。





「いや~やっぱりね、食は 『人』 だからさ」





はい、本当に・・・同感であります。

美味しいものをお出しするのはもちろん大事だけど、最終的にはやっぱり店主の心なのだよなぁ。

我々も、先輩方に少しでも近づけるよう精進せねば。





おまけ。

飯島に来てから、ずっと気になっていたことに挑戦してみましたぞ。

b0319255_21221867.jpg

お米を玄米で買い、いざコイン精米へ!!



・・・いや、浜松にももちろんあちこちに精米所があって、利用されてる方も多いようなのだけど

「私たちもそうしよう」とまでは思わなかったのよ。不思議と。

なんだろうね、飯島のゆったりとした雰囲気がまさに「スローライフ的」なせいか

町で作っているお米が美味しいせいか。

あ、あとは「生ぬか」を入手してぬか漬けやりたいとか肥料にしたいとか家のお手入れをしたいとか、

色々とやりたいことが出てきたからかな?

とにかくいろんな心境の変化で。

「今食べてるお米(近所で購入した地元の白米)がなくなったら玄米で買ってみようよ」と

そんな提案が、オットか私か どちらからともなく自然に出まして。





近所の産直所で玄米30kgを購入し、とりあえず10kgだけ精米してみました。

b0319255_2122211.jpg

↑その場でぬかもゲッツ。




以前実家の母がやってたように、白米を炊くときに玄米を少し混ぜてみようかな。

(玄米だけっていうのがちと苦手なので・・・ ああ、でも上手に炊けるようになればいいのかな。)





最近、スーパーに行く頻度が激減していて、

普段家にあるものといえば 豆、野菜、米、調味料もろもろ・・・ ぐらいのシンプルさなのだけど、

不思議と 以前より食生活が充実してます。

(あっ蕎麦のサンプルも数種類いただいちゃったから早く打たねば!)






Flipper's Guitar / 全ての言葉はさよなら








[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-03-10 21:49 | 飯島町のこと
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin