Top
移住、一ヶ月。



雨のしずくか、それともつららがとけているのか

一日中 外からぽたりぽたりと音が聴こえていた今日。





・・・あ、27日。

移住してきて、ちょうど一ヶ月であります。





b0319255_21231692.jpg

まだ一ヶ月!? という気持ちが大きいのだけど、

それでも オープン(予定)まであと二ヶ月しかないのか・・・という焦りが。

あわわ。まあ、でも、落ち着け。焦るとロクなことがない(きっと)。





b0319255_21324253.jpg

先日、お散歩中に見つけたネコヤナギ。

もふっと、もふもふ。ものすごく、かわいい。





b0319255_21232162.jpg

飯島町に住み始めて、まだまだ、色々なことがこれからなのだけれども

明らかに、自分たちの意識が以前とは違ってきているなと感じることがいくつか。





食べるものや暮らす道具など、手作りできそうなものはとりあえず挑戦してみるべし。

自然に還るものは、できる限り還せるように努力すること。

あまり無理はしすぎずに、ときには流れに身をまかせるのもいいかもしれん。





b0319255_21232471.jpg

刻々と変わっていく風景をじっと見つめてみること。





b0319255_2123273.jpg

光と影の関係は、素晴らしいな ということ。





b0319255_21232970.jpg

あ、飯田線が走ってゆく。さすが国鉄・・・いや、JR。

天浜線の何倍も車両が長いよ。






私はもともと田舎育ちだし、

先月まで住んでいたところも浜松の北部で、まわりは田んぼだらけ。

でも、同じ田舎でも、決して同じ町はないわけで

その土地でしか見られない、感じられないものがあるわけで。





b0319255_21324592.jpg

これからはここで、さて どんな暮らしをしようかと。





やりたいことや行きたい場所がたくさんある。

何年も時間をかけて、少しずつ、だな。





さあひとまずは、明日も釘を打ちまくります。

おやすみ おやすみ。









[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-02-27 22:33 | 飯島町のこと
【DIY】 フローリングの欠け、隙間



b0319255_21283729.jpg

今日は・・・ 朝からやけに山がもやもやしているな。花粉か?

と思っていたら、pm2.5とやらが来ているのですか・・・。

長野はまだそこまでひどくはなかったようだけど、それでも

あんなに霞んだ風景をはじめて目にしたので、おそろしかったわ。




でも、

b0319255_2128425.jpg

夕方、ふと外に出たときに・・・

西側の畑に光が差して、その様子がとてもきれいだったなぁ。






さてさて、また日曜大工のはなし。

b0319255_21284753.jpg

ちとごちゃごちゃしてますが、お店になる予定の二間のうち

一間(8畳)のフローリング施工がなんとか完成しましたよ。

居住部分で練習しただけあって、多少は要領がよくなった気がする。

(とはいえもちろんド素人の腕なので、よく見るとガタガタしてるけども。)





フローリング張りが終わったら、自然塗料を塗っていくのだけど

その前に、ひと仕事。

b0319255_21285160.jpg

我が家のフローリングは、そんなに「いいもの」ではなくて

比較的お安いものを選んだので、たま~に、こういった欠けがあるのですな。

死に節というのか、抜け節というのか?とにかく、節がポロッと落ちてしまったところ。

こういうところには、上手に木をあてて補修が出来ればいいのだけど、

そこまでの腕はないし、まあ、ほんの小さな欠けだから・・・・・




そういうときには、これがいいらしいとな。

b0319255_21285595.jpg

同じ木材を加工したときに出た木くず。

これに木工用ボンドを加えて、練り練りして・・・




b0319255_21285899.jpg

(写真の向きが違っててスミマセン)

こ・・・こんな感じ。あー・・・ちょっと、埋めきれてないけど・・・。

この補修方法は、フローリング以外にも、家具を手作りしたときの隙間なんかにも使えるとのことで

もっとうまくやればかなり自然に見えるようになるんだろうなぁ(;´Д`)

ま、いっか。遠目で見れば思いのほか目立たないから。





ちなみに。

無垢のフローリング材を張るときは、壁との隙間を5mmほど取らねばならんのよね。

無垢の木は呼吸をしているから、季節によって反ったり縮んだりするわけで・・・

b0319255_21502067.jpg

こんな感じに。

普通、この隙間はあとから「巾木」で隠せるから問題ないんだけど・・・




うちみたいに、和室二間のふすまも障子もはずして、広い空間として使う場合は

どうしたって巾木をつけられない。じゃあこの隙間をどうやって隠そうか。




・・・てな時に登場するのが、これ。

b0319255_212917.jpg

伸縮可能なコーキング材。

コーキング、といえばガラス戸の補修で最近よくやるので、要領はわかるぞ。

マスキングしてピーッとやって、ヘラでペーッだら?

よっし。がんばるぞ。




では、次回は塗装の件・・・。








[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-02-26 22:55 | DIY
手作りぜんざい。


b0319255_2312497.jpg

玄関横の、なが~いつらら。

(私、猫背になってるね・・・イヤだわ)

こんなになって、いつ落ちるんだろう?と思っていたのだけど

昨日、とうとう姿を消しました。

辺りの雪も、まだ相当残ってはいるのだけど

日なたではだいぶ土も見えてきまして。

いやあ、いよいよ 春の予感でありますな。





とはいえ、まだまだ室内ではストーブが大活躍しておりまして。

先日、近所の産直所に行ったときに 地元産の小豆があったので

「ああ 久々にあったかいぜんざいを食べたいわ」 と思い

200g入りの小さな袋を、ひとつだけ購入。

昨年の夏は圧力鍋を使って作っていたけど、今はストーブで炊けばいいのだわ。




b0319255_2312863.jpg

というわけで。こうです。




なぜか夜・・・9時を過ぎてから調理開始と相成りました。

(もちろんガスコンロでやったっていいのだけど、せっかくストーブつけてるのだから

何かに使わないともったいないような気がして。)





作り方はいたってシンプルで、

小豆をざっと洗ったら、たっぷりの水を入れてストーブの上へ。

(事前に水に浸けることはせずそのままで。)

あく抜きのため、沸騰したらゆで汁を捨てて、再びたっぷりの水を入れる。

もう一度沸騰したら、同じようにゆで汁を捨てる。

そしてまた、たっぷりの水を入れてストーブの上へ。

三度目の下茹では、しっかりと。一時間ほど、コトコトと。





そして、小豆がやわらかくなったらざるに上げて、ゆで汁を捨てる。

小豆を鍋にもどして、下の材料も投入して、またまたストーブの上へ。

●小豆と同量の水、小豆の8割ほどの量のお砂糖(我が家の場合は三温糖)、塩ひとつまみ


b0319255_2312676.jpg

ここからは、弱火でだいたい10分くらい・・・。


あまりにおいしそうで、夜10時を過ぎていたのだけど、

ついついつまみ食いを・・・ (あ、いや、味見ですよ)。



ほどよい甘み。おいしい~~~~~~~~(●´ω`●)

オットにも少し味見してもらったら、 「あ~、これはおいしい!」 と好評。ヨカッタ!




ぜんざいに合わせるものがなかったので、今朝は牛乳でアイスを作ってアイスぜんざい。

そして明日は家にある小麦粉でだんごでも作ってみようかと。

(本当は白玉粉で作りたいところだけど、極力、家にあるものだけでまかないたい。)




いいな、ぜんざい。久々に食べたけどやっぱり ほっとする。







[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-02-25 23:46 | レシピのような
うららかなさんぽ。


b0319255_20495744.jpg


昨日、2月23日 日曜日のこと。

とても天気のよい日で、日中はぽかぽかと陽があたたかく

オットから 「ちょっと今日は・・・ のんびりおさんぽでもしますか」 という提案。




それ、乗った!




というわけで、出発。お昼ごはん食べた直後で、横っ腹痛くなりそうだけど。




b0319255_20495534.jpg


家を出て、西へ。てくてくと坂をのぼってゆく。

ああ、先日登った陣馬形山が。



途中、ご近所さんが庭で雪かきをされていたので、あいさつをすると

「私もね、いつも散歩するときはこっちへ行って、向こうのお店まで行って、その坂を下ってきて・・・」

と、お気に入りの散歩道を教えてくれた。

ああ、そっちもいいなぁ。と思いながら、また歩き出す。

開拓すれば、いろんな散歩道があるんだろうなぁ。

この道を行けばどうなることか・・・迷わず行けよ(ゴホン)

心の中の、リトル猪木が(ゲフン)






まあ、冗談は顔だけにしといて、

b0319255_2130453.jpg

ほら、この晴天。大雪の日からずっと、穏やかな天気が続いてるね、そういえば。

見上げると眩しいのよ。




b0319255_2130352.jpg

坂の上まで行くと、中央アルプスがいっぺんに近づいたみたい。




b0319255_2050461.jpg

白い山々、冬のこの風景、本当にきれい。

絶景に思わず・・・・・




b0319255_2050640.jpg

オット、久々に飛ぶ!!ヒャッハー




・・・あっ!私も飛んだんだけど、その写真、オットのカメラの中だわ。

ちゃんと飛べてたんだろうか・・・ また後ほど確認させてもらおう。





さて、正面の中央アルプスにばかり見とれてしまうけれど、

振り返れば

b0319255_21293154.jpg

ヤツらがいる・・・・・(仙丈、甲斐駒、鋸)。

甲斐駒、鋸の見え方は、やはり山梨側にはかないませんな~。

昨年、必死に物件探しをしていた頃、本当に癒されたもの。

あ、あと、鳳凰三山ね。明野のあたりからすごくきれいに見えて。

また登りたいな~・・・。




b0319255_20501420.jpg

南アルプスのあの山小屋に、夙○アトム似のお兄さんはまだいらっしゃるのかしら。

過去や、これからの夏山のことをつらつらと考えながら、トコトコと歩く。





b0319255_20501084.jpg

景色に見とれながら、写真を撮りながら。

時間のわりに、あまり距離を稼いでいない我らの散歩。




まだ、続きます。。。









[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-02-24 21:20 | 飯島町のこと
【DIY】 フローリング張り、8畳間完成


(個人的)衝撃の事実。

パカパカ行進曲って、podcast配信もしてるのか・・・・・・!!!!

いや、ね、土曜の午前中に聞き覚えのある声がオットのiPhoneから聴こえてきて
「この時間に?なんだ?まさか録音でもしたのか?」と思ったら。びっくりしたわ。

ハーッハッハッハ!!!!!

ほんと、つられて笑ってしまう。







さてさて、最近とりくんでいる無垢フローリングの話。
b0319255_16301786.jpg

一昨日、そして昨日、二日かけて 居住部分の8畳間が無事終わりました。
ワーイ!!楽しかった、けど、釘打ち&釘締めで腕がイタイ。

よ~~~~く見ると、結構がたがたしてるんだけど・・・ まあ、オケ!
素人だからこんなもんでしょう。味よ、味。

よく聞くのは、「最後の一列がモウレツに難しい」ということ。
覚悟はしていたのだけど・・・やはり難しかった。一時間くらいかかったんじゃないかな?

部屋の歪み、今まで張ってきた床材の歪み、そして壁側にとるクリアランス、
雌実(凹)の下の方を切った方がいいんじゃないかとか、柱部分を切り欠かんといかんとか。

丸ノコ、ジグソー、サンダーでブイイイーーーンと加工して、さあどうだ!と合わせてみても

「入らん!!(;´Д`)(;´Д`)」 って、二人してがっくりしてやり直し。の、繰り返し。





まあ、いいのよ。いい勉強になったわ。
なんとなく要領もわかったし。

で、さ、これはまだほんの練習。

本番は・・・・・・





客室部分の、およそ24畳分。





まあ、なんとななるでしょう!(と信じてがんばるわよ)。
これも自分たちで選んだ道だ(ちと大げさだが)。

ちなみに、床はまだ無塗装の状態なので、保護のためにこれから塗料を塗るのだけど、
あれこれ悩んで、今朝、とある商品の注文を出してみました。
届いたらまたupしてみますわ。

床が仕上がっちゃえば、いよいよテーブルやらインテリアのことなど、具体的に考えられそうでとても楽しみ。

・・・アッ!その前に、奥の押入れ部分の壁もぶち壊しとかねば・・・






貧乏暇なし、やること満載だけど、日々の景色が疲れを癒してくれる今日この頃・・・
b0319255_16302119.jpg

最近、毎日つららの写真撮ってるな・・・。

溶けないんです。落ちないんです。折れないんです。
なんか、気付いたら大きくなってたりするんです。

どうなっていくんだろうな・・・



b0319255_16301925.jpg

オットも興味津々らしい。

いや、というか、玄関の真横につらら群があったら誰でも気になるわな・・・。
歩く場所を注意しないと、頭にぐさりと来るぜ、いつか。



b0319255_16302490.jpg

でも、ぽたぽたと、溶けてはいる・・・んだよね。確実に。
日中の陽射しもとてもあたたかいし。





そうか・・・ もうすぐ、3月なのか。

大丈夫か?ちと焦る。

まあ、がんばるわ(ってこればっかり)。








[PR]
Top▲ | # by hinemosk | 2014-02-23 17:50 | DIY
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin