「ん」だに。




b0319255_19132378.jpg

私の地元の方言・・・新居弁(遠州弁)は、

このあたりの方言とよく似ているなぁ、と いつも思う。




だら~、とか   だに~、とか   無いと会話ができんもんね。

そういえば中学生の頃、友達と

「ちょっとさ~方言使わんで話してみるか~」という遊び(?)をよくしていたんだけども

決まって無言になるんですよね。

あるいはすべて敬語になるか。






・・・・・・さて、方言が「似ている」と言っても、確実に「別の」方言なのだから

日常会話の中で おや?? と思うことがいくつかあります。

例えば・・・・・・・




「○○だに」 の前に、 「ん」 が付くんですよね。このあたりの方言だと。

遠州だと 「これ美味しいだに・美味しいに」 と言うのを

こちらでは 「美味しいだに」 と言うんですよね。




ほお・・・・・・!!

はじめて聞いた時は「なんてのどかな響きなんだろう」と思いましたよ。

これね、この方言使わん人は、「何がどう違うんだ?」と思われるだろうけど、

本当に微妙なニュアンスの違いなのだわ。

「○○に行ったんだに~」とか、「これ作ったんだに~」とか。

たった一文字増えただけなのに、ものすんごくのんびりとした気持ちになる。

まさに人柄そのものだなぁ、と、そんなことをぼんやり思う今日この頃であります。





いやはや、まさに 似て非なるものだわ。

また何か気付いたことがあれば、備忘録として書こうっと。








[PR]
by hinemosk | 2014-11-19 19:34 | 飯島町のこと

長野に移住した、山好きなへっぽこ夫婦のおはなし。自家製粉手打ち十割蕎麦の店「蕎麦ひねもす」営業中です。


by hinemosk
プロフィールを見る