寒晒しそば祭り。






昨年に引き続き、今年も夏限定で登場する「豆腐そば」。

b0319255_18352989.jpg


冷たいかけそばに宮田の美味しいお豆腐がどーん。

お好みで自家製ラー油をちょこっとかけて。

豆腐そば自体は身麻呂の頃から賄いとして食べていましたが

さっぱりとしていてとても美味しいので、

お店のメニューにも追加してしまった次第であります。

おかげさまで好評です。

数量限定ですが、良かったら、ぜひ。





もひとつおまけに・・・。

これはまだ賄いのみの登場ですが、

b0319255_18354430.jpg


地元産のトマトを使った、トマトそばもよく食べます。

こちらは、毎年夏に手作りする玉ねぎドレッシングをかけて。

これもまた、美味しいんですよねぇ・・・。

ただ、「十割蕎麦を味わう」のには不向きですが。

オットはこのトマトそばもメニューに入れたいようです。

が、まだどうなるかは未定・・・。










そして今日は、大事なお知らせです。

昨年好評頂きました「寒晒しそば祭り」の日程が、ようやく決まりました。

今年は 8月19日(金)~21日(日) に実施されます。

初夏にお問い合わせ頂いた数人のお客さまには

「もしかしたら6月下旬になるかも~」なんて言ってしまいましたが

その後結局町内の蕎麦関係者の皆さまの方でも色々あり、

今年は少し遅れての開催となります。お待たせして申し訳ありませんm(__)m

b0319255_21025295.jpg

今年一月、皆さんで協力して冷た~い水に浸した地元産蕎麦。

いよいよ登場です。お愉しみに!



====================================

■寒晒しそばとは

蕎麦の実を厳寒期(大寒から立春の時期)に、10日間ほど冷たい清流に浸す。

そして水から引き上げ、天日の下で寒風にさらしながら乾燥させ、夏まで土蔵などで熟成させる。

・・・このような手順で作られるそばのことで、なんと江戸時代から行われていたそうです。

秋に収穫された蕎麦を、夏でも美味しく食べられるようにするにはどうしたらいいか?

ということから生み出された、先人の知恵なのですな。

当時、伊那の高遠藩や諏訪の高島藩が将軍家に献上していたとのこと。

最高級の蕎麦だったのですねぇ・・・。

====================================





ちなみに・・・

昨年は、当店人気の「二種食べくらべ」で

●いつもの蕎麦(白)

●寒晒し蕎麦(黒)

を半々でお出ししていましたが、

今年は寒晒し蕎麦(黒)一種類でのご提供となりますm(__)m

よろしくお願いいたします。









【7月のお休み】

7/4(月)、11(月)~15(金)、19(火)、25(月)、26(火)

※7/11~15は法事のため臨時休業を頂きます。



●店舗情報(所在地、営業時間など)は下記のページをご覧ください





[PR]
by hinemosk | 2016-07-26 20:48 | お店のこと

長野に移住した、山好きなへっぽこ夫婦のおはなし。自家製粉手打ち十割蕎麦の店「蕎麦ひねもす」営業中です。


by hinemosk
プロフィールを見る