木曽・風越山(1,699m)御嶽山コース 2018年6月4日




b0319255_20290497.jpg

すんき漬けの仕入れがてら
ちょこっと山登り。


***************************************************
左下の ≪続きはこちらから≫ をクリックしてください。
※リンクで直接来られた方は、そのまま下へ。
***************************************************


.







毎年美味しいすんき漬けを作ってくれている、上松町の百田さん。
その百田さんから「近くにいい山があるぞー」と教えていただいたのが
風越山(かざこしやま)です。

※飯田市にも同じ名前の山がありますがあちらは「ふうえつさん」。



b0319255_20490290.jpg

トイレがひとつある小さな駐車場に車を停めて
早速登山道へ。



b0319255_20490364.jpg

木漏れ日が揺れる、明るい森林。

緩やかに登った先でAコースとBコースの分岐がありました。
Aは直登、Bは巻き道だよとオットに言うと
「直登でいいよね?」という返事。
いいよーと答えてその先へ。



b0319255_20490231.jpg

おお~・・・ なかなかの激登り\(^o^)/

平地がなく、延々と急登が続きます。
でも今回は久々にトレッキングポール持参だし、
行程が短いからの~んびり時間をかけて登っても大丈夫。



b0319255_20594683.jpg

なるべく、息が上がらないように



b0319255_20594735.jpg

美しい新緑を眺めながら一歩一歩ゆっくり進む・・・
歩いていてすごく気持ちのいい森です。



b0319255_20594653.jpg

登山道脇にはたくさんのコアジサイ。
満開のときに来たらきれいだろうなぁ。



b0319255_21195913.jpg

なにかが棲んでいそうな不思議な木。



b0319255_21200066.jpg
b0319255_21195914.jpg

緑に囲まれた道をどんどこ登る。



b0319255_21234825.jpg

時折、とても大きな木に出くわします。
なんの木だろう・・・



b0319255_21234863.jpg

ぐねぐねの大きな松の下をゆく。




b0319255_21234836.jpg

山野草もたくさん。
ズームができないのでわかりづらい写真だけど、
アマドコロ(もしかしたらナルコユリかも)。



b0319255_21254468.jpg

b0319255_21254478.jpg

b0319255_21254425.jpg

所々に道標を立ててくれています。
消えかかっているけれど。
こういうのがあるとほっとしますねぇ。



b0319255_21343280.jpg

急登が終わったかな?と思ったら・・・



b0319255_21343251.jpg

また急登。ガンバレガンバレ。



b0319255_21343271.jpg

ユキザサかな?たくさん咲いていました。



b0319255_21391064.jpg

また不思議な形の木。



b0319255_21391004.jpg

しばし登り続けて深い森を抜けると・・・



b0319255_21391035.jpg

突然、視界が開けました。
いい眺め!



b0319255_21431057.jpg

ここがカヤト境。

この辺りは昔、木曽馬の牧草地だったそうです。
風にそよぐ夏草の緑がとても美しく、
「木曽八景」のひとつ「風越の青嵐」と呼ばれていたとのこと。



b0319255_21431049.jpg


現在はわりともさもさしていて、
若干のヤブ漕ぎ状態。



b0319255_21431000.jpg

でもとても気持ちの良いところです。
御嶽山があんなにきれいに見えます。



b0319255_22101688.jpg

ところで登り始めからハルゼミの声が
ずーっと聞こえていたのですが
カヤト境に来たらすぐ近くでヒメハルゼミの声もしました。
上の写真の矢印の先にいるのがおそらくそうです。

ハルゼミは「ミョ~~~~」
ヒメハルゼミは「ミョ~~キン」

と、鳴きます(^O^)
10年以上前にオットの母がメモ帳にそう書いていまして
それが異様にインパクト大だったのですぐ覚えてしまいました。



b0319255_22101617.jpg

更に登ると、ツツジがまだ咲いていました。
オレンジ色っぽいけれど、レンゲツツジ?それともヤマツツジ?
それとも全然違う花だったりして・・・



b0319255_22101687.jpg

更に数分。
カヤト境の次に辿り着いたのはカヤトの丘。



b0319255_22230991.jpg

とある山の本に
「弁当を食べるならここ」と書いてあった場所。



b0319255_22230900.jpg

なんてすばらしい眺め。
そして暑い!

なんだかすっかり夏山の気分。



b0319255_22230836.jpg

あ、アヤメだ(多分)。



b0319255_22301323.jpg

そして頭上からは白い花びらがひらひらと。
なんのお花だろう・・・ウツギかな?



b0319255_22301306.jpg

また道標が。
文字がちょっと見えにくいけど風越の頭だったかな?

登り始めは急登続きで休む場所もなかったけれど
カヤトの丘あたりまでくると少しなだらかになります。
ほっとしますなぁ。



b0319255_22301248.jpg

その先に待っているのは、美しいシダの森。



b0319255_12501021.jpg

b0319255_12501081.jpg

新緑がきれい。木漏れ日が優しい。
なんていい山なんだろう。



b0319255_12500994.jpg

足元にはたくさんの山野草。

オット「これは白い花がボボボボっと咲くやつだね」
私(なんのことだ・・・?)
オット「思い出した、コバイケイソウだ!」
私「ああ、あの虫がよくたかってるやつだ!」

・・・コバイケイソウが聞いたら気を悪くしそうな会話ですね、すみません。



b0319255_12572173.jpg

こちらは多分、サンカヨウ。
つぼみかなと思っていたのですが、これって花が終わったあとなんですね。
なにも知らずお恥ずかしい(;'∀')



b0319255_12572147.jpg

そしてものすごくたくさん見られたのが
このマイヅルソウ。
お花が残っているのは少しだったけれど
とにかくそこら中がマイヅルソウの葉だらけ!
満開のときに来たら見事だろうなぁ。



b0319255_12572118.jpg

そして、この森のあちこちで大きな針葉樹もたくさん見られました。
オットいわく「これはツガかなぁ」とのこと。

まーっすぐ空に向かって伸びる巨木。
写真に収まりきらないほどの迫力でした。



b0319255_13063626.jpg

山頂まで「すぐそこ」!



b0319255_13063756.jpg

そして風越山の山頂に無事到着いたしました。
お疲れ様でした~~~。

事前に調べた通り、山頂は樹林帯の中で眺望がありません。
でも、ここから5分ほど先に進むと展望台があるとのこと。



b0319255_13063651.jpg

「この先ほんとに展望台があるのだろうか」と
若干不安に思うほど視界のやや悪い森を進みます。
(のんびり写真を撮っているとオットの姿があっという間に見えなくなる)



b0319255_13101676.jpg

おや?向こう側が明るくなってきた・・・



b0319255_13101616.jpg

到着しました。



b0319255_13101639.jpg


おお!木々の間に中央アルプスがどどんと!!



b0319255_13114534.jpg

真正面に宝剣岳。
いつも伊那側から見ているから、こうして裏側を見るのって初めてかも。

・・・もとい、裏側なんじゃなくて、本当はこちら側が表なんですよね。



b0319255_13114507.jpg

3年ほど前に登った三ノ沢岳。
あちらもとてもいい山だったなぁ。



b0319255_13114568.jpg

私の写真ではわかりづらいけど、にょきっと尖がった岩が見えます。
あれは「牙岩」というそうですよ。
その名の通り、尖がり方が本当に牙のよう。





展望台というと360度開けた場所をつい想像してしまうのですが
こうして木々に囲まれた展望台というのもいいものですね。
静かで落ち着くし、涼しいし、すっかり気に入ってしまいました。

お昼ごはんを食べるのも、カヤトの丘にしようかと思いましたが
予定変更してこの場所で食べることに。



b0319255_13150268.jpg


今回はこれを食べたくて。
猫好きのお客様からのお土産、にゃーん麺とナポリニャン。
それと、ポケットに忍ばせてきたおかか先生。
(おかか先生は食べませんけども・・・)



b0319255_13150238.jpg

b0319255_13150226.jpg

ラーメンに合わせた簡単なトッピングしか持ってこなかったけれど
とても美味でした!!
ちょうど最近ナポリタン食べたいなぁとぼんやり思っていたところだったので嬉しい~。
ラーメンも、猫パッケージだからかかつおだしがすごくきいてました。

ごちそうさまでした\(^o^)/




このあとおやつも食べながらのんびり過ごし・・・
満足したところでぼちぼち下りましょう。


b0319255_13204696.jpg

歩いてきた道を戻ります。
先ほどの森。左右にマイヅルソウの葉がびっしり。
大群生です。



b0319255_13204525.jpg

あ、ギンリョウソウも!
(標準レンズなのでわかりにくくてすみません)



b0319255_13204522.jpg


たくさんのツガにもご挨拶しながら森を抜けていきます。



b0319255_13411846.jpg

そうそう、この辺りはカエデがものすごくたくさんありました。
紅葉の時期もきっと素晴らしいんだろうなぁ。

春のお花と、新緑と、アジサイと・・・夏はどんなお花が咲くかな。
季節ごとに色々な楽しみがありそうです。



b0319255_13411835.jpg

カヤトの丘まで戻ってきました。



b0319255_13411743.jpg

振り返ると、この景色。
なんだか本当に夏山みたい。
青空と緑が眩しい。




そしてどんどこ下っていくわけなのですが
Aコースがなかなかの急登だったので
下りは巻き道のBコースからがいいかな~とぼんやり思っていたのですが
気付いたら分岐を通過していました・・・

確かカヤトの辺りに分岐があったはずなのですが
特に道標などがあるわけではないのでスタスタ歩くとわかりにくいかも。

そんなわけで登りと同じAコースでひたすら下る。
テケテケテケテケ・・・



b0319255_20453811.jpg

登山口に無事戻ってまいりました。
お疲れ様でした~。



b0319255_20453813.jpg

今回、登りはゆっくりめに登ってみましたが、それでも1時間40分ほど。
大体コースタイムもこのくらい。

下りは1時間10分。

休憩含めて4時間くらいの山登りでした。
テント泊の荷物背負ってのボッカトレにもいいかも(;'∀')

緑も美しく山野草も豊富で眺望もよし。
とても気持ちのいいお山でした!

みなさまもぜひ♪







おまけ。

b0319255_20594132.jpg

下山後に百田さんのお店によってソフトクリームをごちそうになりました。
手作りのあんずジャム添え!とても美味~~~。

風越山に登ってきたよと百田さんに報告すると
「あの辺はオレの猟場だ」とのこと。
どうりで詳しいわけだ!





.










































[PR]
by hinemosk | 2018-06-06 21:02 | 山登り

長野に移住した、山好きなへっぽこ夫婦のおはなし。自家製粉手打ち十割蕎麦の店「蕎麦ひねもす」営業中です。


by hinemosk
プロフィールを見る